アコギ担当、髙橋菜月さんはムードーメーカー?バラエティ班?(GYAO!インタビュー動画)

2020/01/12

ザ・コインロッカーズ 楽屋潜入インタビュー 髙橋 菜月編

髙橋菜月さんの紹介

ザ・コインロッカーズのメンバーのインタビュー動画の紹介です。
今回は楽曲「最後の蝉」のアコースティックギターを担当している髙橋菜月さんです。

「最後の蝉」ではアコギですが、最近はエレキギターもよく演奏をしています。
メンバー1人1人が複数の楽器やパートを担当できるのもザ・コインロッカーズの醍醐味であり特徴ですね。

オーディション応募のキッカケ

髙橋菜月さんのオーディション応募のキッカケは親が勝手に応募したからだそうです。
そのためか本人は納得をしていないようでした。

バンドチーム活動やアンサンブルをするごとに楽しくなってきた

しかし、バンドチーム活動やアンサンブルをするごとに楽しくなってきたとのこと。
今までにないガールズバンドで大人数というのも新鮮ですよね。

バンド内での自分の役割

自分ではムードーメーカーと思っていて、ザ・コインロッカーズでも数人います。

ただ、個人的にはムードーメーカーでありSHOWROOM配信や冠番組の「ロッカーに何、入れる?」ではギャグとか人を笑わせたりしているので、バラエティ担当なところもあるのかなと思っています。

デコピンが得意

世間が知らない私の秘密は「デコピンが得意なこと」。
インタビュー内容もそれだけでした(笑

全国47都道府県ツアーをやってみたい

ザ・コインロッカーズの目標としては全国47都道府県ツアーをやってみたいそうです。

AKB48 チーム8と同じく全国からメンバーが集っているので地元ライブをできますね。
そして同じ秋元康グループなのでやってほしい気持ちと叶うのではないかという思いもあります。

オリジナル楽曲を作曲してみたい

個人の目標はオリジナル楽曲を作曲してみたいとのこと。

メンバーの中にも数人がオリジナル楽曲を持っていてSHOWROOM配信で披露をしているので、そういったメンバーが増えるとグループとしても幅が広がりますね!

SHOWROOM配信だけ、ライブだけで披露したりとか価値を付けるのも良さそうです。

引用元:ザ・コインロッカーズ 楽屋潜入インタビュー 髙橋 菜月編

「最後の蝉」公式音源

「最後の蝉」はMusic Videoはありません。