アコースティックギター担当の橋本朋夏さん、インタビューでも見せた博多弁ふわふわ癒やしキャラ(GYAO!インタビュー動画)

2020/01/12

ザ・コインロッカーズ 楽屋潜入インタビュー 橋本朋夏編

橋本朋夏さんの紹介

ザ・コインロッカーズのメンバーのインタビュー動画です。
今回は歌いたくて歌いたくてでアコースティックギターを担当している橋本朋夏さん。

最近ではエレキギターも練習をしているそうです。
橋本朋夏さんはテクニック選抜と呼ばれる楽器スキルの高いメンバーが揃う歌歌チーム(コイロカ歌)に所属していますが、そんな彼女は福岡県出身で博多弁で愛嬌がとてもあり、周りからは天然でふわふわしていると言われているためチームの雰囲気とのギャップがあります。

バンド内での自分の役割 私たちの癒やしキャラ

バンド内での自分の役割について自分では特に役割はないと思っていて、メンバーのスキルに追いつくことが目標だそうです。
歌歌チームはスキルが高いですからね。

ただ、メンバーから客観的に見ると橋本朋夏さんは癒やし役らしく、やっぱりふわふらのキャラが根付いているのだなと思いました。

これから何を目指すか

これからはライブ中のパフォーマンスについて、もっと動けるようになって上達を目指すとのこと。

冒頭でもお伝えしたとおり、エレキギターも練習をしているのでいろんな彼女を見られる日が来るかもしれません。

引用元:ザ・コインロッカーズ 楽屋潜入インタビュー 橋本朋夏編